食品表示ラベル作成ツール

デモ画面 表示ラベル作成
食品表示に記載される名称です。ここには「商品名」ではなく、「一般的な名称」として記載する必要があります。例えば、「〇〇ケーキ」などは「洋菓子」と表示します。

10文字以内

食品表示に記載される原材料を、原材料と添加物に分けて入力します。それぞれについて「、」で区切って重量順に記載し、原材料と添加物の間は「/」(スラッシュ)で区切ります。原材料のうち最も重量の多いものについては、原産地を記載する必要があります。詳しい表示方法は、ログイン後に解説しています。

200文字以内

特定原材料に指定されているアレルギー物質です。原材料表示の最後に一括表示されます。以下の7つは必須項目ですので、原材料に含まれる場合は必ず選択してください。
消費期限又は賞味期限を選択してください。具体的な期限は空白でも構いません。別途枠外に記載する場合は、「枠外に記載」と記載してください。

20文字以内

空欄可

30文字以内

内容量を入力します。なお、包装が透明などで内容量が一見して明らかな場合、省略することができます。

単位を含め10文字以内

空欄の場合は非表示

製造者名

製造者所在地

電話番号

--

デモ画面のため、サンプルが入ります。ここで編集することはできません。

栄養成分表示は、一部の例外を除き必須項目です。実測値を直接入力するほか、アドバンストモードでは、登録された原材料情報と商品情報から自動計算する機能もあります(デモ画面では、直接入力しかできません)。ただし、商品の表示可能面積が30c㎡以下の場合や、小規模事業者などの場合は省略することができます。詳しくはログイン後解説しています。

熱量:kcal

たんぱく質:g

脂質:g

炭水化物:g

食塩:g

枠外の自由入力スペースです。ただし、制限文字数内でも印刷枠に収まりきらない場合があります。

25文字以内

ご利用の環境により、印刷開始位置にずれが生じます。印刷結果にずれが生じる場合は、印刷位置を調整してください。プリンターの設定によってはレイアウトが正しく表示されない場合があります。「フチあり」「フチなし」や「余白」、「倍率」項目で「用紙に合わせる」「印刷表示領域にあわせる」などの設定を変えてみてください。開発環境では、主にCanonまたはEPSON製のプリンターを使用し、プリンターの設定はデフォルト、GoogleChromeの「印刷」メニューからデフォルト設定でテストしています。

上下方向

上へずらす場合は-をつけて、下へずらす場合は数字だけを入力してください

左右方向

左へずらす場合は-をつけて、右へずらす場合は数字だけを入力してください

単位はミリ

ご利用になる用紙を選択してください。用紙は市販のラベル用紙をお買い求めください。なお、10面、18面、24面は有料プランのみの設定となります。

フォント小はフォントサイズが6ポイントとなります。通常食品表示ラベルは8ポイント以上のフォントサイズで作成する必要がありますが、商品の表示可能面積が150平方センチ以下の場合、特例として5.5ポイントまで縮小することが認められています。フォント小を選択の際は対象商品かどうかにご注意ください。